プリウスの値引きを大きくするために絶対やったほうがいい方法

新車の値引き事情


少しでも安く購入するためにも値引きは大きくしたいところですよね。ただ、最近の新車事情としては、値引きの余力があまりない車も多いです。プリウスについても値引きの余力はそこまで大きくなく、すぐに限界になることも多いです。モデルチェンジで新型になってから売上もかなり好調で調子もいいですし、人気の車なので安くしなくても売れるので条件は厳しいです。

ディーラーのかたもお客さんがネットとかで値引きのことを調べてくるということを知ってるので大きな値引きは厳しくなっています。

特に車両本体の値引きは、どこのメーカも渋くなる傾向にあります。ネット上で極端に安くしてもらったという値引きの情報が出回るとほかのお客さんもそれくらい安くなると思って交渉してくるので手間が増えるということがあります。

値引きだけをやたら要求してくるお客さんは営業マンからすれば面倒くさいだけですから、逆効果になってまったく値引きをしてもらえないということになりかねません。あんまり安くしてく安くしてくれとばかり言っていると相手にされなくなってしまうので注意が必要です。

営業マンから嫌われてしまうとなにかとデメリットが多いです。法定点検の際も気まずくなりますし、次に新車を買い換える場合にもあまり好条件を出してもらいにくくなってしまいます。なかなか思うような値引きが引き出せないとイライラしたり、不快になることもあると思いますが、なるべく紳士的に落ち着いて丁寧に対応するようにしたいですね。

営業マンからすれば理由もなく安くはできませんので、ライバル車競合とか販売店同士の競合をさせるなどして交渉を進めていきましょう。あとは車両本体は渋めになることが多いので、付属品の値引きにも力を入れるようにしましょう。

下取りありでプリウスを購入する場合


下取り車があればそちらを高く売るということを考えるのも重要です。ディーラーに持って行くと数十万円以上損をする可能性もあります。ディーラーは中古車の再販にそれほど熱心ではなく、安く下取りして、安く手放すことが多いです。

これに対して、買取業者は販路が豊富で再販に熱心なので高く買い取りしても利益がでるように仕組みを作っています。愛車を高く売るなら買取業者が断然有利です。ただ、店舗への持ち込み査定は時間ばかりかかって面倒くさいだけで高額査定も出にくいのでやめておきましょう。

店舗だと相手のペースになりやすく、セールストークで言いくるめられて安く買い叩かれてしまう可能性が高いです。相手の方がプロで実績、経験もありますので断りづらい雰囲気を作られて安く手放してしまいやすいです。

店舗の持ち込みよりは、訪問査定をしてもらったほうが断然高くなりやすいです。この時のポイントとしては複数の業者に査定をしてもらうことです。これをすると業者同士が競って価格が高くなりやすいです。ネットの一括査定サイトを利用すれば簡単にこうした状況を作ることができます。無料で簡単にできますのでこういったサイトを活用しましょう。
↓  ↓   ↓
かんたん車査定ガイド
 

|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|